mayy

Blog

Google Analyticsを使ってクリック数をカウント

カテゴリー
アクセス解析
タグ
Google Analyticsを使ってクリック数をカウント

アナリティクスでクリック率も取れるんですが、より詳細に分析したいこともあると思うので。
GAを使ったクリック数をカウントする方法をメモ。

Google Analyticsの設置

言わずもがな。トラッキングコードを設置してください。
今回は2013年3月から導入のユニバーサルアナリティクスでのコードを紹介します。
まだ古いトラッキングコードの人はこの機会に書き換えてみてください。

クリックを取りたいタグにJSを書く

例えば外部リンクをクリックを計測したいものとします。

<p><a onclick="ga(‘send’, ‘event’, ‘category’, ‘action’, ‘label’, value);" href="http://hogehoge.com/" target="_blank">外部リンク</a></p>

一つずつ見ていきます

‘send’, ‘event’

ここは決まり文句です。
〜〜のイベントを記録するよ的な感じです。
このへんの記述は他にもあるので、他の用途がある方は調べてみてください。

‘category’

1番上位の階層です。ad(広告)等任意の項目を設定。
入力必須です。

‘action’

その名の通りユーザーの動作を定義すると良いです。
click(クリック)等。これも入力必須です。

‘label’

これも任意に設定できますが、省略可能です。
広告の種類であったり、どの位置の広告なのか設定したり。
lableに関しては日本語も可です。

‘value’

任意の数値が入ります。
例えばクリック単価5円の広告なら5を入れておくと集計してくれます。

管理画面での見方

左メニュー>行動>イベントで見ることができます。

実際の使い方例

ざっと書きましたが’category’、’action’、’label’は任意のものを入れることができます。
例えば’ad’、’toppage’、’ヘッダー’とかでも良いわけです。
labelを’記事内’、’サイドバー’とかにすれば、どのページの広告がどれだけクリックされているか(Adsenseの場合機能がついているので不要ですが)が分かります。
色々と管理しやすい形で利用してみてください。

参考にしたサイト

カテゴリー

タグクラウド